反戦集会に参加して

 今日は友人と一緒に横須賀中央駅前Yデッキで行われた戦争反対の集会に参加してきた。  ここ2か月前から体調がすぐれず、病院通いを続けているが、一人の国民として戦争反対の意思を示そうと思った。

続きを読む

横須賀市 市議会 板橋 議長 に面会して

 昨日板橋議長にお会いし(7月13日)今の起きている問題について(横須賀市議会基本条例)、議員はどのように遂行し開かれた議会と各自が議員として自覚と見識もって市民の負託に応えるべきを示したいと記されているが、何の根拠もないことの嘘を並べ立て人の人生を抹殺すること高裁に提出した事に唖然とした。    議長にすべての事を説明し議員基本条例について尋ねた。 今迄議会始まって以来の出来事である…

続きを読む

女子プロレス開催が与える環境について

今日、横須賀市後援で女子プロレスが開催された。 前回述べたように、半喧嘩の様なスポーツを後援する横須賀市自治体の有り方を市民として残念に思う。なぜなら、このスポーツの趣旨は恵まれない孤児園に収益金を寄付するとある。今日の画像を見る限り「早くも流血」と得意げに写真が掲載され、子を持つ親御さんはどう思うのだろう・・・・それも子供を招待すると善意のような感覚で宣伝し、開催された。 今世界の…

続きを読む

オンブズマン制度がある理由

  ある議員は、人の嫌がることをやっていると非難するが、時代錯誤も甚だしいと思う。政務活動費の財源がどこから出ているのか、市民として閲覧するのは当然の義務である。   議員には、政務活動費がすなわち公金であることの自覚がなく(市民の税から政務活動費が支出されている)、私用に支出されているのではないかと、市民が指摘し、裁判等が起こるのである。川崎市の議会では、申すまでもないが会派…

続きを読む

怒りの有るうちに~女子プロレス開催について思うこと~

横須賀市教育委員会後援で女子プロレスが開催されることが分かった。 一市民として怒りと悲しみをここに伝える。 収益金は乳児院に寄付されると書いてある。市長及び職員や議員、その周りを取り巻くそれぞれの人の思いの中で開催されるのだと思うと、重ねて怒りが増幅する。 何故ならば、この収益金の何%かは乳児院に寄付されるとあるからだ。 大人の事情で不幸にも施設に預けられる赤ちゃん・・・…

続きを読む

被告藤野議員の裁判を傍聴して

7/15裁判を傍聴して、藤野被告の嘘を聞いて改めて怒りを感じた。法の番人の前で勝手に寄付をされたと藤野被告が陳述書で述べていたが、実は私も郵便局から¥5.000を寄付をした者として、とても許し難いのであえて反論する。 私も、藤野議員が一期生で議会を改革してくれると期待を持って寄付をした。裁判所に出した陳述書の発言では、原告が勝手に寄付をしてきたと述べていたが、そんな筈はない。善意に寄付した…

続きを読む

懲罰委員会を傍聴して再度検証して考えて見る。

12/12 小林議員の懲罰委員会を傍聴して再度検証して考えて見る。 矛盾が多く他の自治体の議員に聞いてみた。すり合わせ等の発言で懲罰委員会?首をかしげていた。昔も今も何らかの形のすり合わせは行われているのが現実である(談合)懲罰委員会議員全員が懲罰に賛成となっている。懲罰の言葉は重い言葉であると認識しているが、水道予算の問題のすり合わせ発言を、懲罰委員会に掛けるほどの重要な事ではないと…

続きを読む

大人のいじめは議員の品格が問われる。

懲罰委員会を傍聴して怒りを覚えた事 一昨日の(12/12) 横須賀市議会懲罰委員会を傍聴して感じた事。懲罰委員会とは、小林議員が何を懲罰に掛けられるような重要な問題を起こしたのかと思いつつ、委員会を傍聴した。出席した私を始め傍聴の人々の思いは、こんな事で懲罰委員会にかける様な問題はない・・・との意見。懲罰の理由は、上下水道の値上げの件で、談合の様な話し合いの決め方はよくないとの発言に、一柳…

続きを読む

すったもんだの末(年度末の残高の繰り越しが実現)

もう10年以上前の話になりますが、横須賀市では、女性の地位向上を目的として当時の前田課長と青木職員が中心となって立ち上げたのが「女性の連絡会」でした。案の定1年経って不備が出た。3月の年度替えに「可笑しいから変えよう!」と私が提案したら「折角作ったのに、ぐじゃぐじゃイチャモンばかりつけて。。。」と青木職員が大きな声で怒鳴りました。私は行政の規則は判らないが、長年の企業での勤めから日進月歩動いてい…

続きを読む

一柳議員のブログ記事への反論

「交通費の目的地が記載されていない」との一柳議員のご意見だが、市民として疑問に思う事は当然答えるべきである。又、「少数メンバーが議員性悪説に立ち、弁護士も会計士もいないで客観的でないチェックで悦に入っている」・・・と議員はオンブズマンに対し反論するが、本当に開いた口が塞がらない。 一柳議員の節では「オンブズマンは小さな事ばかりご丁寧に」と皮肉っているが、市民を愚弄している事は明白である。又…

続きを読む