2017年06月13日

6月 横須賀市長選挙がある


市長選に出馬表明をされた上地前市議の政務調査費(現:政務活動費)を閲覧する中で、9年くらい前になろうか、前市議が、正規の領収書ではなく、¥2.000.000と書かれた手書き(ボールペン書き)の領収書を使い、「コピー代」として支出をしていたことがある。


川崎のオンブズマンから指摘されたことがあるが、2百万円のコピーは家の天井を突き抜ける量である。


考えられない事である。


何時も選挙で思うこと。
選挙事務所で老人男女お手伝いしている姿を見て思うこと。


この人たちの為に良い政治をしているのだろうか?
当選したらそれまでよと、市民不在の政治になってはいないか?


市民も意識を変えなければ日本の政治は良くならないと思う。政務活動費の使途について市民も常々監視する必要があると切に思う。

公金の使途は今後も見ていく必要がある。



posted by オンブズよこすか at 13:21| Comment(0) | なでしこ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください